JP Road mirage - Sumomo Toxin / すもも毒素

現在波乱の真っ只中です。そんな中で実際にしたこと、感じたことを書いていきます。これが誰かの助けになればうれしいです。

読書

30年前、黄金期のアニメはやはり面白い 「雲のように風のように」あるいは「後宮小説」酒見賢一

お題「ゆっくり見たい映画」 お題「我が家の本棚」 酒見賢一さんの「後宮小説」はとてもおもしろい小説なのですが、それをアニメ化した「雲のように風のように」のブルーレイディスクが来年1月に発売されます。 「雲のように風のように」Blu-rayが2021年1月2…

リアルなお話がするりと異界に落ちてゆく 「みちのくの人形たち」深沢七郎

お題「我が家の本棚」 つげ義春さんのエッセイなどでお名前は知っていたのですが、今回初めて読むことになった深沢七郎さんの「みちのくの人形たち」をご紹介します。 深沢七郎さんの作品では、映画にもなった「楢山節考」が知られていると思いますが、こち…

本を捨てられない呪いと、その解除法について

お題「我が家の本棚」 お題「断捨離」 お題「捨てられないもの」 私は本が捨てられない呪いにかかっています。 うちには現在、1万冊以上の本があります。 いつまでもこれを抱えているわけにもいかないので、これまでとは違った方法論でこの呪いを解かなけれ…

日本のホラーミステリーはやはりこの人 「この世の春」宮部みゆき

お題「我が家の本棚」 ずいぶん長いこと積んでおいた、宮部みゆきさんの「この世の春」を読了したのでご紹介します。 宮部みゆきさんのお話は、「模倣犯」のように読むのがつらいものもあるので、なかなか手が出なかったのですが、覚悟を決めて読み始めまし…

浮世は夢よ、ただ狂え 「10月はたそがれの国」レイ・ブラッドベリ

お題「我が家の本棚」 夜が長くなり、人恋しくなる10月は読書に最適な季節です。 こんな10月にぴったりの、レイ・ブラッドベリの「10月はたそがれの国」をご紹介します。 ブラッドベリは2012年に91歳で亡くなるまで、数々の幻想的な作品を遺してくれました。…

夫婦でするちょっと危ない交流の時間

お題「ささやかな幸せ」 お題「わたしの宝物」 「これまでに読んだ本で、人生に影響したくらいの本って、どんなのがある?」 「忘れられない映画っていえば?」 うちでは、夫婦でいろいろなテーマを出して話をすることがあります。 お互いのいろいろな物事に…

かなり史実が物語を押さえつけてきていてこわい 「信長の忍び」重野なおき 

お題「我が家の本棚」 今回ご紹介するのは、続きが楽しみな一冊の、重野なおきさんの「信長の忍び」17巻です。 今回のお話の目玉は、鉄甲船と荒木村重の謀反です。 鉄甲船は、この時代によく考えて実現したなというところがすごいです。 攻撃する側にとって…

世界を自分の手の中に 「独立国家のつくりかた」坂口恭平

お題「我が家の本棚」 かなり前に発行された本なのですが、ネットでいろいろ見ている時に見つけて、内容を知りたくなって買った坂口恭平さんの「独立国家のつくりかた」をご紹介します。 坂口恭平さんは、路上生活者の家を集めた「0円ハウス」でも知られてい…

事件の起こらないミステリは人を救うため 「マカロンはマカロン」近藤史恵

お題「我が家の本棚」 お題「好きなシリーズもの」 きょうご紹介するのは、気どらないフランス料理店のビストロ・バ・マルで起こる、事件ともいえない日常の不思議なできごとを解釈して見せる近藤史恵さんの書くシリーズの第三弾「マカロンはマカロン」です…

ほんとうの世界とは違う世界 「スタープレイヤー」「ヘブンメイカー」恒川光太郎

お題「我が家の本棚」 今回ご紹介するのは、恒川光太郎さんの「スタープレイヤー」「ヘブンメイカー」です。二つ並べているのは、同じ世界のお話だからです。 恒川光太郎さんの「夜市」は、子どものころに行った祭りの夜に感じた、この連なる灯りの向こうに…

リアルと夢の境界がどんどん曖昧になっていく 「高丘親王航海記」澁澤龍彦

お題「我が家の本棚」 かなり古い作品ですが、澁澤龍彦さんの「高丘親王航海記」をご紹介します。 なぜ今、この本を読んだかというと、この作品を原作にしたマンガを近藤ようこさんが描いており、今月出版されるのですが、紹介されている数ページを見たらと…

読書感想文に求められる特殊能力は一生もの

今週のお題「読書感想文」 きょうは過ごしやすかった~ ずっと曇り気味で、午後からは激しい雷雨もあって、普通に生きていられるレベルでした。 読書感想文は小学校、中学校クラスの勉強の中では、特にがんばって取り組んだ方がいい課題の一つです。 読書感…

だれかの人生の物語

今週のお題「読書感想文」 今、とても真剣に読んでいて、熱中しているお話があります。 まだ未完なのですが、先が気になって仕方ない作品です。 物語は、主人公がまだ乳幼児のころの断片的な記憶から始まります。 とても狭い、暗い階段をのぼっていくところ…

読書感想文には、ほかの何を置いても取り組んでおく意義がある

今週のお題「読書感想文」 読書感想文は、小学校・中学校で子どもたちの頭を悩ませる課題のトップ3に入るのではないでしょうか。 私は昔から本を読むのが好きだったので、あまり苦労した記憶はありません。時々、理解力の少ない教師に通じなくて否定されるこ…

現実と非現実が混ざり合う怖さ -怪談徒然草、里山奇談、遠野物語

今週のお題「怖い話」 お題「我が家の本棚」 今回は怖いお話ということで、リアルとフィクションのあわいにあるお話をご紹介します。 加門七海さんの「怪談徒然草」、 COCOさん、日高トモキチさん、玉川数さんの「里山奇談」シリーズ、 柳田国男さんの「遠野…

読書はそれだけでは知的消費だけど、文字を追う力を身につけると世界を100倍に拡げられる

ナチュラルに子供の頃から文字があると読んでしまう人はお菓子のパッケージの成分表から細かい説明文まで全部読んでしまうから「文字は勉強の為に頑張って読むもの」みたいな感覚の人とは脳内の情報量が最初から全く違ってたりするんで、勉強でしか文字読ま…

とっても前向きなホラー 「メアリ・ジキルとマッド・サイエンティストの娘たち」シオドラ・ゴス

お題「我が家の本棚」 何だかSF業界がざわざわしているので、震源であるシオドラ・ゴスさんの「メアリ・ジキルとマッド・サイエンティストの娘たち」を買ってみました。 読んでみたら評判を聞いて思っていた以上に面白いお話でした。 タイトルの通り、主人公…

2020年上半期に読んだ本 TOP10

.今週のお題「2020年上半期」 2020年上半期に買って読んだ本の中で、印象に残ったものを10個挙げてみます。 夜行 マーダーボット・ダイアリー 上、下 後宮の烏 4 クララ殺し 太楼写真集 ロードムービー 八画文化会館vol.8 特集:商店街ノスタルジア 呉漢(上…

モノは消えていっても宝物はちゃんとそこに在ります

お題「わたしの宝物」 お題「我が家の本棚」 きょうは昨日と打って変わってとても暑くなりました。 陽射しが入ってくると、エアコンを効かせていても汗がにじんできます。そろそろ本格的な夏になるのでしょうか。 私にとっての宝物は何でしょうか。 好きだっ…

伝染性のある強烈な毒を含む本 「自作の小屋で暮らそう」高村友也

お題「我が家の本棚」 きょうは極限人間で、普通の人が接触するととても危険な高村友也さんの「自作の小屋で暮らそう」をご紹介します。 この世の中に変わり者と言われる人はたくさんいますが、この本の著者の高村友也さんは間違いなくトップクラスの変わり…

異界は意外と近い 「里山奇談 めぐりゆく物語」coco、日高トモキチ、玉川数

お題「我が家の本棚」 お題「好きなシリーズもの」 きょうは里山奇談のシリーズ2冊目の、「里山奇談 めぐりゆく物語」をご紹介します。 書いている方は前作と同じく、cocoさん、日高トモキチさんと玉川数さんです。 里山奇談 めぐりゆく物語 前回同様、特に…

外のことなんてもともとわからないし、わかっている必要もない

今週のお題「外のことがわからない」 コロナウィルスの影響で、他人と関わる形での外出がほとんどなくなっています。 「外のことがわからないと困らない? 不安じゃない?」という言葉を聞いて、そうなのかなと思っておろおろしたりしてしまいましたが、冷静…

山と人の際に起こる不思議なお話たち「里山奇談」coco、日高トモキチ、玉川数

お題「我が家の本棚」 お題「好きなシリーズもの」 そばに置いておいて、何度でも開いたページから読み始めてしまう不思議なお話たちが集められた、cocoさん、日高トモキチさん、玉川数さんの書かれた「里山奇談」をご紹介します。 私自身も子どものころは山…

「魔の山」に構造の似ている「刑務所の中」花輪和一

お題「我が家の本棚」 きょう御紹介するのは、花輪和一さんの「刑務所の中」です。 2000年ころに出版されたマンガで、かなり古いのですが、これにはまってしまいました。ここ1ヶ月くらい何度も読み返しています。 けっこう人気が出て、映画化もされたりした…

立派になったコルのお話「新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙」支倉凍砂

お題「好きなシリーズもの」 きょう御紹介するのは、5月9日に出たばかりの支倉凍砂さんの「新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 Ⅴ」です。 支倉凍砂さんと言えば、「狼と香辛料」で、ホロとロレンスのとても魅力的な道行きを描いてくれました。「マグダラで眠れ」の…

人間未満? 人間以上? 「マーダーボット・ダイアリー」マーサ・ウェルズ

お題「我が家の本棚」 今回ご紹介するのは、マーサ・ウェルズさんの「マーダーボット・ダイアリー」です。 いろいろな人が主人公の人型警備ユニットがかわいいという話をされていたので、買ってしまいました。 会社に勤めている間は、通勤時間に本を読んでい…

サブタイトルがよろしくない「三日月邸花図鑑 花の城のアリス」白川紺子

お題「我が家の本棚」 「後宮の烏」の続編が出たばかりなので、続きが当分読めません。 烏妃成分不足を補うため、著者の白川紺子さんの別の作品を読んでみることにしました。「三日月邸花図鑑 花の城のアリス」です。 タイトルがタイトルなのでどうかとは思…

読み聞かせで家庭をかきまわして活性化

お題「#おうち時間」 おうちにこもらなければいけないゴールデンウェークというのは初めてです。 外に出られないということは、逆に言えばとてもリッチな時間を使えるということです。 いつもは出来ない細かいところのこだわりぬいた掃除や、溜まったわけの…

黒衣の姫君と妖しく光る薄紅の牡丹 「後宮の烏」白川紺子

お題「我が家の本棚」 今回は最新の4巻が4月22日に出たばかりの、白川紺子さんの「後宮の烏」をご紹介します。 華やかな皇帝の妃たちの中で、一人黒衣に包まれた烏妃(うひ)は、後宮に在りながら皇帝の妃ではなく、不可侵の存在としてひっそりと暮らしてい…

爽やかで切ない青春物語「ジョイランド」スティーブン・キング

お題「我が家の本棚」 遊園地にも行けないこの時期に、スティーブン・キングさんの「ジョイランド」をご紹介します。 スティーブン・キングは大好きな作家のひとりですが、ダークタワー・シリーズのあたりから追いかけをやめて、目についた時だけ買ってみる…