JP Road mirage - Sumomo Toxin / すもも毒素

現在波乱の真っ只中です。そんな中で実際にしたこと、感じたことを書いていきます。これが誰かの助けになればうれしいです。

恋愛

たかが散髪がとっても深い癒しになる理由

お題「わたしの癒やし」 お題「我が家のここが好き」 きょうは一日中、雨が降ったり止んだりで気温も高くならなかったので、久しぶりにあることを行いました。 普通の家庭ではあまりやらないと思うのですが、奥さんのヘアカットです。 子どもが小さい時に、…

神話のような時代は、かつて誰にでもありましたよ 「児玉まりあ文学集成」三島芳治

お題「我が家の本棚」 きょうは出会えてよかったマンガの一冊である、三島芳治さんの「児玉まりあ文学集成」を紹介します。 このお話は、文学部部長の児玉まりあさんと、入部希望者の笛田くんのほぼ二人だけの舞台でお話は進みます。 文学部には、部長の児玉…

父は怖かったけど、帰ってくるとうれしかった

雨っぽい月曜日ですが、関東は今週ずっとこんな感じのようです。 子どものころ、父親の仕事の関係で、日本各地を転々としていました。 一つの地域には長くて3年くらいで、幼稚園から小学生くらいの子どもには過酷な環境です。その過程で、私は特定の地方の訛…

どうしても捨てられないものなんてあるんでしょうか

お題「捨てられないもの」 捨てられないものについて考えてみたのですが、ほんとうに捨てられないものってあるでしょうか。 よくよく考えてみると、意外に少ない気がします。 生活用品、家具、家電 家具や家電、生活用品など、ふだん生活で使っているものは…

私にとっての宝物は 物でも人でもなく時代でした

お題「わたしの宝物」 自分が大事にしている宝物ってあったかな…と考えてみたのですが、物としてはありませんでした。 では奥さんとか子どもたちとか定番の答えも考えてみたのですが、これもどうも違います。私にとって彼らは他人であり、私と全く違ったもの…

みんないなくなってしまった

今週のお題「好きなお店」 好きなお店がずい分過去のものになってしまいました。 大学時代によく行っていたお店はほとんど閉店してしまっています。 今は大学時代に住んでいた街からかなり離れたところに住んでいるので、数年に一回くらいしか行けないのです…

とてもやさしいコミュニケーション障害のお話 「古見さんは、コミュ症です。」オダトモヒト

お題「我が家の本棚」 17巻が出たばかりの、オダトモヒト「古見さんは、コミュ症です。」は、これまでのお話から大きく動いた、とても内容にボリュームのある巻でした。 「古見さんは、コミュ症です。」のお話は、美人で何でもできる古見硝子(こみしょうこ…

子どものころからノマド体質 旅が私の在るべきところ

お題「ささやかな幸せ」 今年は思いもしないコロナウィルス騒動で、卒業や入学が延び延びになってしまっています。 日本の学校や会社は、4月が始まりのケースが多いので、3月はそれまでの暮らしから、がらりと変わった新しい世界に切り替わる前の、とても不…